« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月22日 (火)

ギュッ!とね。

Image_3

犠牲 協同 闘争

故篠竹幹夫監督より学んだこの3つの精神は、フットボールをするうえで必要不可欠なものと考える。

三重県にて、神戸エレコムファイニーズの夏合宿が行われた。

選手達は、それぞれ休日の時間を返上して参加、寝食を共にし夜中までミーティングを繰り返し、隔離されたグランドでお互いに身を削りあいながら高めあっていく。

夏合宿こそ、フットボールの3大精神を磨き上げる絶好の機会だと。。

徹底的な練習を重ねる事で、己の殻を破り、更なる成長を遂げて行く選手達にも驚いたが、何よりチームのまとまりが、結束が、日に日に強くなっていったように感じれたのが嬉しかった。

ギュッ!とね。

人と人の距離が結束の証。、集合写真の密集度からも夏合宿の成果を実感できる。

ここから!

泣いても笑ってもあと1ヶ月でシーズンイン。

あとは、徹底的にフットボール!

詰めて詰めて詰め込んで。走って鍛えて研究して。

誰もが勝利を疑う事のないチームにしていこう。

皆さんお疲れ様でした。

2014年7月17日 (木)

BlueStars

素晴らしい一週間でした。

他大学の選手、コーチ達の取り組みや人間性を知れたのはよい経験になった。何より学生の成長が素晴らしく感じる事が出来たのが良かった。

今回1番感じたことは、学生が自分自身をアピールする。売り込む能力が未熟ということ。

•自分の順番は、待っていればくる。

•コーチは俺の頑張りをきっと見てくれている。

•自分の思いは、言わずなくても気づいてくれる。

これらは日本フットボール界では、悪しき考え方。外国人コーチから見れば、お前らどんだけできんねん!とアピールしてほしい。でなければ、事前情報か印象で決めるしかない。

試合でたいなら、順番待たずにいけよ!

ということ。

最初の数日は、消極的だった学生達も自分達の出番の回数や相手にされているかどうかを判断してからは、コーチに自分からチャンスをもらいに行くようになっていた。

試合でも、俺を出してとアピールして、一回のプレイでチャンスをつかんでいた選手もいたので、フットボールの取り組むスタンスが少しは変わってくれたかなと思う。

人を出し抜いてでも、チャンスを手に入れる。

選手達は、今回の経験をチームメイトに伝えて行って、そんな取り組みの出来る選手が1人でも多く増えて行って欲しい。

結果は29対7。BlueStarsの勝利。

2014年7月 9日 (水)

NEB

NEB

ニューエラボウル(英表記:NEW ERA BOWL)は関西学生アメリカンフットボール連盟主催のアメリカンフットボールのボウルゲームである。関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学からの招待コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームである。例年、春季の締めくくりの試合として7月初旬に開催される。

そのニューエラボウルにコーチとして月曜から帯同中。

今年から何かと1部リーグの選手やコーチと接する機会が増え、今までより新しい多くの事を学ぶ事が出来ている。

NEBでは、各大学の中から何名か参加しているが、それぞれのコーチやアシスタントコーチの考え方や知識が深い。のめり込み方も深い。

また、それらを選手達に落とし込む伝達方法。練習時での声の掛け方など、上手く学生との関係を尊重しながら行っているのはとても興味深いところだ。

一方、外国人コーチ(サンノゼ ステイトよりお越し)は、日本語がわからない未知の環境においても、まったく動じることなく色々と知識を分け与えてくれている。

コーチミーティングで3時間ほど。その後に選手ミーティングで2時間ほど。そして、フィールドに出ての練習を2時間ほど。と、1日がかりでチームを作っている段階。

選抜チームとは言うものの、楽しく仲良く皆でよい思い出をというお祭り感覚はない。

ベストメンバーで勝ちに行く!さぁ誰が上手いか見せてくれ!!と外国人コーチ談。

評価の対象は、見た目でも何でもまず第一印象。積極性、実力、結果。

まぁ一週間でチームを作るわけだからそうだろうね。個人的には、ヘルメットの色や名前でメンバーを左右されない所は、誰にでもチャンスがあるので好きかな。

でも、選手達は、まだ何をすべきか気づいてないかな。。隣の選手を出し抜いても自分をアピールする貪欲さが欲しい。
その事についてはまた後で。

とにかく、選ばれた選手、コーチ共にやるからには有意義なものにして行きたい。密度の濃い、貴重な時間を大切にしていこう。

2014年7月 3日 (木)

心のふれ合い

Image_4

Image_3

Image_2

コミュニケーション

エレコム神戸ファイニーズは、春のシーズン終了に伴いチームで懇親練習会を開催。良い選手が入って強くなる兆しが見えるのは事実。しかし、うわべだけの集団では勝てないのがチームスポーツ。

試合で迷いなく、グランドに立つには【結束】が必要不可欠!

特に社会人として、忙しい毎日を送っている人達の集まりなら尚更、週末に集まり、自分の役割を遂行し勝ち負けを実感するのではなく、チームメイト同士お互いを知る事、理解することが、チームが勝利する為に本当に大切な事のように思う。

それが出来て初めて、窮地に立たされた時の信頼や仲間に勝敗の明暗を分けるプレイを託せるかに関わってくるのだと思う。

だからBBQだよね。今回は+トレーニング大会も開催。

同じ釜の飯を食い、ポジション分け隔てなくチームを組んでの真剣勝負。

予想以上に白熱した勝負事。

多くの人と、会話し、心のふれ合いが取れたよい日になったと思う。

シーズン開幕まであと2ヶ月。これからどんどんフットボールにのめり込んでいこう。