« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

春の最終戦

Image

エレコム神戸ファイニーズ 対 神戸大RAVENS

今まで学生、社会人と両立していたが、試合で対戦するというシチュエーションはなかった。どちらも深く関わってるので、どのプレイも良いとも悪いともとれるし、心配しっぱなし。。

複雑。。

結果は、19対7でファイニーズの勝利。

ファイニーズは、ここで初勝利!春シーズン開始時のまさかの20人体制でのスタートから60人近くの人数にまでなって来たこと、そして初勝利したこと。チームが変わるべく準備が整ってきたように感じる。

敗退した神戸大も大きな成長を感じる内容だったので、良い形で夏へとむかっていけそうだ。

夏合宿!

ここからが勝負!体制が整って来た後の成長が秋シーズンまでの約2ヶ月にかかってる。

団結し経験を積んで自信をつけて強い勝てるチームへなろう!

2014年6月19日 (木)

フラッグ支援活動2

Image

前回に引き続き、鶴甲小学校にてフラッグの支援活動へ。

フラッグフットボール導入後も、先生が主導となり毎回の体育の授業でトーナメント戦を行ったり、授業参観でも実施されるなどフラッグフットボールの効果や楽しさが浸透して来たようでとても嬉しい。

そして、今度は7月に王子スタジアムで行われる王子キッズフラッグの大会に出場する!!と話を受けて、その大会に向けての支援にまた参加させてもらえるようになった。

楕円形のボールを通じて、沢山の子供達とコミュニケーションが生まれることは両者にとって有意義であり貴重なものであると思う。フラッグフットボールの持つ価値を高め、誠実に向き合うことで、よりフットボールを好きになって欲しい。

2014年6月 4日 (水)

フラッグフットボール授業支援

小学校、中学校にもっとフラッグフットボールを広めたい。

子供達に楕円形のボールを使って何か感じて欲しい。

神戸市にある鶴甲小学校にてフラッグフットボールの授業支援の依頼を受け、神戸大生とエレコム神戸ファイニーズから選手達が参加。

フラッグフットボール指導は、以前から行っていたので問題はないが、どれもお手伝いとして参加させてもらったことばかり。今回は、新しく神戸市内にある小学校を対象に募集依頼からニーズの聞き取りや、宣伝活動、など全てを行う形だった。

多くの方々のご理解や手助けのおかげで予想以上にスムーズに話が進み、形となって始まったフラッグフットボール支援活動。

責任を持って、形にしていけるように取り組んでいきたい。

アメフトの持つ可能性。学生達や社会人チームの選手達もアメフトに関わり、繋がっていく先に、こんなにも沢山の子供達に影響を与えることの出来る事を知れば、また違う視点からフットボールに向き合うきっかけとなるのではないかと思う。

ひとつのきっかけが、ひとつの勝つ理由。勝たねばならない理由へと繋がり、成長していってほしい。そう思う。