« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月20日 (木)

まるで英語のワンダーランドや!

Image

iikids(弁天町の英語×アクティビティ×学童クラブ。英語で学び、英語で遊ぶ大型複合教育施)にて、スポーツイベントが開催。そこのフラッグフットボールブースにて、ケビンジャクソン氏と神戸大学生が参加をしてくれ盛大に行われた。

総勢何百人という沢山の参加者を対象に、30分で7コマを行った。

今回のキーワードは、英語!!

英語のみでコミュニケーション、フラッグフットボールを行う。

現在、小学校でも英語は授業に取り入れられている中で、フラッグフットボールの持つ特性である、(ひとつのプレイにそれぞれに役割を持てる。毎プレイごとに集まって作戦会議を行う)

それを、英語とを結びつける事で、言語活動の充実をよりはかっていくことが出来れば、フラッグフットボールに付加価値を見出すことが出来き、より教育現場での必要性が見えてくるのではないかと。

全て英語。。というのが心配ではあったが、やるしかないとなればどうにかなるもので、英語をいっさい無理!と言っていた学生達も積極的に英語でコミュニケーションをとっていたので、楽しく行っていたように思う。

その分、反省点も多く見れたが。。

これからも、フラッグフットボールやアメリカンフットボールの持つ可能性を広い視野で見れていけるようにしたい。

このような機会をいただきありがとうございました。参加した皆さんもお疲れ様でした。

2014年3月13日 (木)

Become better every day

第一回シニアキャンプ フットボールアカデミー。

今シーズンより神戸エレコムファイニーズに所属。
チーム力は、まだそこまで高くはない。しかし、個々の力は秘めたるものがある。
スタッフの充実をはかり、飛躍の年にするべく意志の高い少数精鋭を作り上げようと新しく始動した。
今年のエレコムは、何か違う!と感じてもらえる取り組みをして意識改革を促している。

まずはトップレベルを知ることと、関西フットボールアカデミーにファイニーズ全員で参加。
参加するまでは、自分に自信が無いもの。謙遜しているもの。恥ずかしがっているもの。などいただろうが、結局は自分がそう思っていただけで、自分次第の取り組みで届かないものではないことを実感できたと思う。狙うターゲットが決まれば、あとは、継続的な努力しかない。

それを実感出来たこと!充分な成果である。

そして、今回のアカデミーでの個人的に1番興味あったこと!真剣になった時間は、朝倉ストレングストレーナーによる講演。

これは凄かった!

今のトレンド。流行っているトレーニングの明確な理由を細かく説明してくれた。
トレーニングの多様化が進む現代において、重りをいかにあげるかではなく、いかにフィールドでの動きが向上させるかのトレーニングが重要視されていること。コンタクトスポーツにおいて必要とされる運動量。より短い時間でより大きな力を出すことであり、その動きに必要な力には、大きく分けると並進と回転にわけられ、まずこの2つを理解し運用する事が大切になる。

それらの地盤を作るトレーニングとして、どんな種目があり、どんな意図を持って行うか動画を交えて説明してくれた。プライオボックスなんて、今の流行り出し、とても分かり易かった。

どんな事でも、知らずにやるより、知っている方がいい。
“とりあえずやってみろ“は、よく聞く台詞だけど、それは説明側の力量かと。ここまで明確に説明されたら選手は、いかに結果に繋げるかの意識向上へとつながる。

そして、朝倉さんの言葉は、、

“Become better everyday!!“

勉強になりました。

2014年3月 7日 (金)

今だから出来る事!

今年より、神戸に活動拠点が移ります。

神戸大学RAVENSと神戸エレコムファイニーズにて、新たに活動を開始します。

アメリカンフットボールという、軸を変えることなく、誠実に取り組んでいきます。

二足の草鞋を履く生活に戻りますが、関西圏での活動という環境なので、納得できる取り組みをしていきたい。人生は一度きり。フットボールだって、出来る期間は限られている。今しか出来ない事の価値を高めるため邁進していきます。

これからも、フットボールを通じて情報を発信して行きます。