« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

豊中市スポーツ少年団50周年イベント

Image

アメリカンフットボールの可能性

豊中市スポーツ少年団の50周年イベントとして、フラッグフットボール大会が開催。そのサポートとして、チームとして参加させていただきました。

様々な競技の少年スポーツ団、低学年、高学年すべてが集まり、総勢200名ほどの人数で盛大に行われた。

学生達は、指導に慣れた上級生。初心者の下級生とそれぞれに一生懸命に指導してくれていた。統率の取れたチームになる者。遊び相手になってしまう者など色々。学生の性格がよくでていたなと。。

今は、チームとしてもリーグ戦最終節を前にした大切な時期でもある。

だからこそ、やるべき事があると思ってる。この大切な時期にプレイする事以外のことにも目を向けて、アメフトの持つ可能性を実感出来たこと。興味を持って、応援してくれる子供達の為にも勝たねばならない理由が増えたこと。

フラッグ活動を通じての経験が、結果として自分達の後押しになってくれたら嬉しい。

残り時間。最大限の準備。覚悟を持って取り組もう。

試合まであと3日。

2013年10月26日 (土)

ATP-cp系

第四節の大阪学院戦は、22対13で勝利。

次は最終戦。

それまでに、内容の濃い毎日を過ごそう。毎日が楽しく、ワクワクするような日であるために。。

想いを強く。意志を高く。心をひとつに。

本日は、チームトレーナーより、リカバリー方法、栄養摂取、休養方法などの講義をしてもらった。壊れた筋肉の状況、それを何がどのようにして回復、修復に繋がっていくのか。どうして怪我に至ってしまうのかの原因などを丁寧に指導してくれた。自分としても、もっと早く知っておけばなと思う所も沢山あり、学生にとっても学びの多い内容だったと思う。

Image

アイスバス欲しいな。

2013年10月20日 (日)

第四節

Image

天気も肌寒くなり、アメフトシーズンを実感中。

気がつけばもう終盤の4戦目。

一戦必勝の心構えは何も変わらず。

試合を重ねるごとに学生達も理解出て来たか、何をすべきか判断し自発的な行動にうつせるようになってきたように感じる。

限られた時間を大切に!有意義に!

今日は、王子スタジアムにて、大阪学院大学との試合。

2013年10月14日 (月)

努力の積み重ね。

混戦中の2部リーグ。

皮算用などせずに目の前の対戦相手に最大限の準備をするのみ。

前節の試合は、43対13で勝利。多くの選手が試合の出場機会を得る事が出来た内容であった。そこで、普段の練習から丁寧に地道に練習している未経験1回生が記録を残した。

1キャッチ9ヤード。

驚くことはない。まだ身体能力は足らずとも地道な反復で培った基礎技術があったからこその結果。スタート、止まる、戻る、捕るが出来たこと。その他にはコースを間違ったものや、一回のチャンスボールをドロップしてしまったものなど。記録はつかないまま、チャンスを活かし切れなかった選手もいた。

1プレイあれば選手は変わる。

良いプレイも悪いプレイでも、得た経験を活かして成長へと繋げてほしい。

そして1チャンスをものに出来る選手になってほしい。

Imageキックもワンチャンス。ひとつのプレイの質を上げるべく様々なアプローチを。。。

次節まであと6日。

2013年10月 6日 (日)

第三節

覚悟を決めろ!

勝ちたいだけなんて都合が良すぎる。勝ち負けがはっきりする勝負事において、本当に勝ちたければ、負ける覚悟を持つことが大事に思う。

都合良くなんて勝てやしない。試合がどうなるかなんて誰にもわからない。ただ理由はある。

キャッチ、スタート、タックル、キック、様々な場面でミスは起こりうるもの。そのミスをしたら負けるんだと危機感を持って毎日を過ごす事は重要でいて当たり前のこと。

そして、ミスをしてもこれだけやったのだからと納得できるくらい修練を積んできたのか。練習中、ひとつのミスで、チームが負けてしまうと切羽詰まった思いでプレイが出来たのか。そんな、負ける覚悟を持って、はたして取り組めたのか。

ただ、勝ちたい。絶対勝つ。言うのは簡単。よく聞く言葉。

でも、試合になったら、敵に吹っ飛ばされて意気消沈。

ディフェンスが、止まらずにどうしようもなく意気消沈。

タックル刺しこまれて、こんなはずでは。。と意気消沈。

。。。覚悟が足らん。

相手が強けりゃそりゃやられるさ。勝負だもん。やられたって起き上がって、這いつくばって向かっていったらいい。またやられたらいい。やられる覚悟があれば心は折れないから。

まだまだ覚悟は足りない。準備も足りない。わかってる。

それでも、試合時間は来る。せめて、今は、その試合までに、やることやったと思える取り組みを出来るようになっていきたい。そして、試合終了まで芯を強く戦ってほしい。

まだ時間はある。みんながみんな覚悟を持てる準備をしよう。

負けを恐れるな。覚悟を決めろ。

10月6日 日

王子スタジアムにて、対戦相手は京都工芸繊維大学。