« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月25日 (木)

懐かしの南武線

1_1
来たね。来たね。高槻駅cafeのパンケーキ”モンブランパンケーキ”
丸福珈琲といいここのcafeといい。最高の環境です。高槻市万歳。
さて、追手門学院大学ソルジャーズ
第四戦が終了しいまだに白星なし。
しかし、今回の試合はリーグ優勝候補チームに対して、先の見える可能性を感じる戦いをしてくれた。負け惜しみでもなんでもないですよ。。
・・・まぁちょっとくらいはあるけどさ。
でも、残り1戦+入れ替え戦に向けては、現実を受け止めて進んでいける。
そんな内容でした。勝ちきれないのはコーチの責任!それも受け止めて5戦目に向かいます。
そして、もうひとつの試合。
こちらは別格の強さでリーグ優勝を果たしたオービックシーガルズ。個人的にはもう少しチームに貢献していきたいところかと。
2
10月はピンクリボン月間ということで、#85萩山選手もピンクの衣装です。
試合会場となったのは、昔懐かしの等々力競技場。
ここ、武蔵小杉周辺の南武線沿いはまさに富士通の街。各駅ごとに富士通系列の会社が並んだり、会社の寮があったりと、昔住んでいた武蔵中原での生活を思い出した・・・。
それも、もう10年近くも前のことなんだよね。
フットボールとの出会いが、人間を大きく成長させてくれる。
そんなアメフトをまだプレイできることに感謝し、もっと貪欲にいきます。

2012年10月21日 (日)

意地

1

遅れましたがアップします。”バナナキャラメルパンケーキ”高槻駅付近のcafeにございます。最近の中で一番の味でした。キャラメルソースとバニラアイスがマッチしてそれはそれはまろやかで上品な味に仕上がっています。

さて、追手門学院大学ソルジャーズ、本日の試合で4戦目を向かえる。

ここまで、勝ち星なし。 でも、試合を重ねるごとに力をつけていることは確か。

一戦必勝を胸に戦ってほしい。

男として、ソルジャーズとして、一個人として、次の試合で意地見せてほしい。 気持ちをプレイに乗せていきましょう。

2012年10月 9日 (火)

アウフヘーベン

どうしても1日2勝したかった。。

というよりSoldiers勝ちたかった。

結果は3対17で敗戦。これで3敗目となり、現実的な問題を見据え、色々な可能性を示唆して、残りの2戦に臨んでいく必要がある。まずの1勝を目指し取組んでいきます。

試合を思い出すと感情的になってしまうが・・・

2adそんな時は、珈琲ブレイク。丸福珈琲パンケーキ@高槻店です。モーニングセットはお薦めですよ。

そして、13時に万博での試合が終了し、次の試合は川崎で16時30分開始。

意外とこれがキックオフには間に合いました。 自分でもびっくり。走ってみるもんです。

オービックシーガルズは、言わずとも知れた強豪チーム。こちらは勝ち負けの部分では問題なく圧勝でしたが、その中では自分の仕事っプリには反省が多く残りました。

少ない出番を、しっかりと結果に残したかったんですがね。

なんか1日2敗の気分。。。

2ad1地元に帰ったのは、ちょうど1試合目のキックオフ時間帯・・・。また1日。もう一回ここからはじまらないかなーなんて思ってしまいました。

おっとっと。 ネガティブになってますか?

いえいえ違いますよ。

今の自分の気持ちを素直に伝えることで、今の自分を見つめなおし、今の自分にある矛盾を受け止めて、否定し、次なる高い段階へ止揚していくためです。

下向いても、周りを気にしても、結果を見ていても、良い方向には進まない。

前を向いて、軸をぶらすことなく、勝ちを求め、ゆっくりでもいいから前へ前へと進んでいきたい。

自己評価に自己受容。まだまだまだまだ成長過程です。

強い意志を持って、今日も1日頑張りましょう!

2012年10月 2日 (火)

嫉妬深いと言われます

オービックシーガルズ第三戦

IBMとの試合は、35対21で見事に勝利。

今期、本場アメリカからのプレイヤーを擁したIBMの注目オフェンス。パスを決めるタイミングひとつ早くなるだけでも、今までと違うレベルの高い感覚を養えたことでの成長は大きかったと思う。それをどう仕留めるかの戦術も・・・。

本場の能力高い選手が入ることでの、フットボール界全体の底上げに繋がってきますね。

昔の学生フットボールからも、強豪大学を打ち破るために、各大学が必死に考え、取組み成長してきた背景が思い出されます。

でもね、天邪鬼の自分は、正直、アメリカ人選手の圧倒的なポテンシャルに嫉妬中。

IBMのQB,TEにしても、シーガルズのDLにしても・・・。凄いんですよ。本当に。

ただ、まかせっきり、頼りっきりになるのではなく、嫉妬だけではなく、成長できる機会が『今』にあるので、フットボーラーとしての貪欲さを持てるきっかけを持てたことには感謝して、しっかりと今の自分自信を評価して、受け入れて、努力していきたいなと。

週末7日(日)は、試合が重なってしまっているが、どちらも頑張ります。

毎日を頑張ります。