« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

大山夏合宿終了

14日より鳥取県大山で行われた合宿も無事終了。

シーズン開幕ギリギリまで2週間もの長い期間の合宿は初めての事。リスクを覚悟で挑戦した負荷のかかる内容にも選手達は乗り越え、やりきってくれた。

集中力の切れそうな時も、選手達の取り組みで、支えあい、励ましあい、盛り上げ、持ち直しが出来るようになってきたことは、個人的にも組織的にも成長した証拠だと実感。

選手達の自信のある顔つきや、擦り傷だらけの身体が、その成長を物語っているんじゃないかな。そう思う。。。しっかり消毒して治しましょう。

Daisensyugou練習最終日の集合写真。いい笑顔です。お疲れ様。

まずは、休養をしっかりしなさい。

そして、心も身体も回復させてシーズン開始から終了まで4ヶ月を突っ走ろう。

一戦必勝の積み重ねを。

2012年8月23日 (木)

鳥取大山合宿

ホテル大山。。 14日に始まった合宿もいよいよ終盤。 まだまだあるけど、皆で乗り越えて、支え合って、まとまったチームを作ってシーズンに乗り込みたい。 選手並みに鍛えられて、日に焼けて。飯食い過ぎて。。 自分の身体が強くなったのは確か。 もちろん選手達も頑張っていますよ。 写真も載せますね。

2012年8月15日 (水)

鳥取大山

知る人ぞ知るホテル大山。

雄大な自然の中、大山の麓で、みっちり2週間泊まり込んでソルジャーズのチーム作りが始まる。

夏合宿!

今年は2週間という長い期間でのチーム作りに挑戦。

いかに輪を強く、個を高められるか。

どんな合宿になるか楽しみ。

予想外に涼しそうなので、フットボールに集中できそうだ。 さあ頑張ろう。

2012年8月12日 (日)

幕張セミナーハウス

金曜日から日曜日にかけて、夏合宿が開始。

それぞれに仕事を持つ社会人の60人以上の大人数が時間を合わせてフットボールに取り組む。
なんて素晴らしい事なんでしょう。

週末に時間の都合をつけてグランドに集まり、自分のコンディショニングを整え、自分の役割を遂行しチームを作り上げていく。能力の高い集団を集めれば勝てるチームになる。

極端な話をすればそうかもしれないが、でも、やはり人間は機械ではない。心や血の通った人間である限り、どれだけ優れた集団であろうとなかろうと、お互いにコミュニケーションを取る事は大切なんだと実感中。1つ屋根の下、何気ない普段の生活の会話をするだけでも距離は近づくものなんだと。。合宿を組むたんびに思う。これが合宿の重要性なんだと。。

そんな夏合宿最終日は、アズワン ブラックイーグルスと試合。今まで走り続けてきた分、久しぶりの実戦になるが、本当に楽しみ。良い形で、夏合宿を締めれるように頑張りたい。

仲間を信じたプレイを。
仲間を裏切らないプレイを。
仲間の期待に応えるプレイを。
仲間に頼られるプレイを。

夏合宿で一皮向けた姿を見せて、秋へ繋げよう。

2012年8月 3日 (金)

兵庫県高校クリニック

昨年に引き続いての兵庫県高校2年生を対象にしたクリニックに参加。

Soldiersとして高校生を対象にクリニックを行えるのは選手、チームにとって貴重な機会。

未経験だろうが経験者だろうが。1回生だろうが4回生だろうが高校生にとってみれば全員が指導者。選手全員が、自信を持って今まで習ってきたことを言葉にして伝えることが出来るかどうか・・・。楽しく場を盛り上げることができるかどうか・・・。そこがコーチとしての心配どころであった。

Hyougo3 総勢100人近い大人数でハドル。

ハドルブレイクの説明から入り、クリニックが開始。最初の心配を他所に、暑い中、元気に楽しそうに一生懸命取組んでいました。サイズ、技術共にとても能力の高い可能性を感じる高校生が沢山いたのには驚きました。将来が本当に楽しみです。

Hyougo2 見て!なんという綺麗な青空でしょう。空が広いのは気持ちがいいし、フットボールに集中できます。

Hyougo4 ラインパート。やっぱり真剣勝負は盛り上がります。さすが大学生!全てのプレイに圧勝!ってわけにはさすがに行かず。その中でも、最後まで戦う姿勢を見せてくれた。それが高校生へ伝えたい大切なことだと思う。

Hyougo RBパート。サイズの大きい高校生RBに圧倒される場面もしばしば・・・。本気の取り組みが高校生によい影響を与えてくれたら嬉しい。

午前2時間。午後2時間の2部に分かれてのクリニックはあっという間に終了。最後は対決物で盛り上がりすぎて時間を延長するほど。。成績優秀者などの発表も行えて充実したクリニックだったように思います。

来年もぜひお声がかかると嬉しいな。みなさん暑い中お疲れ様でした。