« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

恵美真子をよろしく

江崎グリコ株式会社様から管理栄養士『恵美真子』さんをお呼びして、栄養講座を開講。

「恵美は苗字、名前は真子。えみまこ。本当です!お願いします」

なかなかリズム感の良い自己紹介でスタート。

講演などをしていると、話の入り方には非常に気になるもの。おもろいことを言ったり、間をおいたり、声のトーンを変えたりと色々とあるが、今回のようなリズム感を持って紹介ってなかなか思いつかなかったな。と。

Photo やるな。恵美真子。

恵美真子:現在、江崎グリコ株式会社管理栄養士。5年ほど前にアサヒ飲料チャレンジャーズ時代に、徳島大学で栄養士の勉強をしながらチャレンジャーズの栄養講座をしてくれたのが最初の出会い。

時を経て、グリコのサプリメントを指導するチームで購入した際に、その摂取方法や栄養講座を開いていただけると話を聞いてお願いしたのが、講師の恵美真子。

縁だなぁ~と。

自分の好きな事。やりたい事を続けるって大切。

もちろん好きな仕事に就くってことも大切なんだけど、志を持って一生懸命に前に向かって進んでいれば、いつかまた何処かで再会できる。それもお互いに成長し、お互いの仕事として、お互いに必要性を求め、求められた時、また再会ができる。

そんな再会っていいよね。いやぁ。感無量でした。

内容も期待通り、90分間しゃべり倒してくれました。5大栄養素の説明、セロトニン分泌における集中力欠如の原因やその対処法。成長ホルモン分泌時間帯。たんぱく質量の多い食品の紹介などなどなど。食事+生活習慣までみっちり説明してくれた。

何より、必ず起こるであろう不摂生に対しての心構えの説明を人情的にしてくれたことが良かったな。これはマニュアルトークではないことの表れだと思う。栄養士としての技量とでも言うのかな。

学生のみならず大人でも、ストイックな生活をずーーっと続けるのは難しいところ。どこかで甘いものを食べたり、夜更かししたり、カップラーメン食べたり、そんなん絶対に起こること。そもそも煩悩って108つもあるといわれているんだから。起こらん奴は出家してくれ。

そんな恵美真子の成長を親心で見ていた日だった。

余韻に浸る場合じゃないね。こちらも指導されるだけではなく、先に繋げていかないと。一人の大きな成長によい刺激をもらうことができました。

皆さん、栄養講座は知らぬより知っている方がいい。これから夏を迎えるにあたって、体調管理やパフォーマンス向上、安全管理な時期になってきますよ。必要性は目に見えていますよ。

そんなときの栄養講座は江崎グリコ株式会社の恵美真子までどうぞー。サプリメント各種の完璧な説明もございますよ。大ボス、桑原塾のhpも忘れずにお願いいたします。

連絡先を知りたい方は、私まで連絡くださいね。

2011年6月28日 (火)

けけけ検見川

行こう検見川

学生を指導していると、必ず辞めたいと申し出てくる奴がいる。理由は様々だが明確ではない。
現状、自己分析、なりたい将来像。そして長期的計画が立てられず、ただしんどい場所から、居場所がない所から去りたいと。。

もっと自分の可能性を信じ、長期的に物事を考えられるようになって欲しいな。逃げずにね。

アメフトは走るスポーツ。走り勝った先に勝利はある。これ持論。
オービック シーガルズには走る日がある。走り切る日。場所は検見川にある運動公園。


内容は、とにかく2時間半ひたすら走り抜こうというもの。
根性、忍耐、気力。それをひたすら鍛え上げる。。根性論だが、精神論。

それが検見川。けけけ検見川。

アップダウンの激しい坂道を走ること走ること。
登る下る。飛ぶはねる。吐く。顔真っ白。

社会人にもなって、ここまでやるのは出来るのは?
それは、皆が自分の中にある何故?を理解しているからだと思う。

今の自分に必要な事、チームに必要な事。そして何の為に。

分析。決断。意志。行動。を兼ね揃えた集団なんだね。そら強いはずです。


ソルジャーズの選手達もそんな人間に育てたい。
そうだ!検見川に参加させよう!

検見川詳細は、後日hpで紹介されると思うので、その時にまた。

2011年6月24日 (金)

秋田県

のっぴきならぬ用事で第二の故郷の秋田県へ。
そしたらこ存じの通り、大雨の影響で運休足止め。

まさかの滞在。

まあたまには自然に囲まれて過ごすのも悪くない。匂いが良いよね。
歴史あるお寺にも行き、心が洗われた気がした。リフレッシュ。リフレッシュ。

でも、ソフトバンクの電波は届かないらしい。

2 自宅前写真。いいでしょ~。裏はすぐ山なんです。田舎万歳。自然万歳。来年はなまはげの時期にいきたいな。竿灯も見に行きたい。

2011年6月23日 (木)

いい日だ

今日はいい日だ。

Photo

天気も初夏のような気候。気持ちいい。

すれ違う人達もなんか優しい顔をしている。

なんか心地よい。 いい日だ。

先日捕まえたイモリを3匹とも逃がしてあげた。

必死だったのか開放感に満ち溢れていたのか、

全力疾走で消えていった。キャッチアンドリリース。。

晴れ晴れとした気持ちになった。 いい日だ。

沢山の人に、なぜかおめでとうと言われた。

とくに何かの記念日と言うわけでもない。でも、確かにおめでたい日。

今日は6月23日。 そう。。。むつみの日。

最高の日だ。

2011年6月21日 (火)

魅力ある人に

夢を語れよSoldiers!

110618_084002 試合前パンケーキ。今回はガストにて。。何?

今年で20年目となった成城大学との定期戦が成城大学グランドで行われた。毎年毎年試合を続けるにしても、20年間も継続するのは容易なことではない。相手方の事情もあるだろうし、自分達の都合だけでどうにかなるものではないから。

お互いのチーム関係者の多大なご理解と、お互いを想う強い気持ちを実感。これからも継続して続けていってほしいものです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

試合結果は、21対14で勝利。率直な感想はとにかく勝ててよかった。1戦ずつ勝利を積み上げて、勝利を自信にして、勝ち癖をつけて秋にむけて強化をしていけばいい。

しかしながら内容が駄目だったな。1人のお粗末なプレイですべてが台無しになってしまった。勝ててよかったと言ってはいるが、コーチとしての教育、指導が行き届いていなかったことを実感。学生ともしっかりと向き合って教育をしていきたい。

反省です。

試合後には、定期戦恒例のレセプション。そこで成城大学の選手の一人が抱負を語った。

 「日本一の選手になりたいです」 と。

素晴らしい!

想いを素直に口にするって凄く大切なことだと思うし、その言葉を聞けてとても嬉しい気持ちになったのを覚えてる。でも、その学生の顔は忘れたが。。。ごめん。

恥ずかしいとか、そんな資格ないとか俺なんか・・・など、周りの状況を見て、自分で勝手に立ち居地を決め、自分を制限して夢を語れない。なんて悲しいことなんでしょう。そうやって何かと理由をつけて想いを言葉に出来ない人は多い気がする。学生でなくても社会人でもそう。

そもそも誰が決めてるの?って話だよね。もっと自分の可能性を信じてガツガツ行こうよ。勘違いといわれてもいいんだよ。自分が出来ると信じることが1番大事。

なんか今回の遠征で久しぶりに夢を語る大切さを思い出した。

素直な想いで夢を語り、自分の生き方に目標を作ろう。

そんな人はとても魅力的にうつりますから。

2011年6月18日 (土)

鬼の居ぬ間に

鬼の居ぬ間に

なんとやら。

久しぶりの背中写真。起立筋がなんか足らない感じだが。。

まあトレーニング前の写真だし。。この後にパンプアップしたし。。

何よりトレーニングに身が入ったな。集中できたのが良かった。

なんかいつもと違う雰囲気で集中できたわ。

なんでやろ。。?

あっ。

学生は今朝、成城大学の試合に向けて東京に出発してたんだ。

学生の気配が一切しなかったから気兼ねなくできたのか。。

ん?

俺にとって奴らは鬼か?
いやいや。それは違う。

違うが、学生にしてみれば今日は鬼がいない嬉しい日だろうな。

悪させんとしっかり準備してくれよ。

6月18日vs成城大学

2011年6月13日 (月)

成長過程

成長過程顔つくってみた。ウルトラマン顔。。。

暗中模索

五里霧中

七転八倒に七転八起

コーチングの難しさを痛感した日。

西日本大会3位決定戦は相手に5ターンオーバーを献上し、0対31で大敗。

40人の意識をひとつに。理解を統一に。

そして、いかにして試合中の選手達の精神状態を理解し、把握して、前向きにプレイさせるか。

難しいっ!

1Qで14点差ついただけで、ベンチも選手も意気消沈してしまった。そうなると雑なプレイが出て、負の連鎖に呑まれる。

1チャンスで8点取れるスポーツなんだよね。

ゲームの流れや戦術を理解させ、焦らず目の前のプレイを積み重ねる。

フットボールの理を知れと。。

まあそれらを指導するのがコーチングなわけで、選手が成長してチームが強くなるのがやり甲斐なんですがね。。

ただ、同じ相手に何回も負けるのは堪え難いし、何度も同じミスで負けるのは憤りを感じる。

春、残された試合はあと一戦。焦っても急に強くなるわけちゃうし、地道に謙虚に努力しましょうか。

努力の先にしか成長はないからね。

2011年6月 7日 (火)

はじめの一歩

新人デビュー。しかも未経験。

追手門学院大学ソルジャーズ、春7戦目の実戦練習の相手は佛教大学。もちろん試合と同じ位置づけなので試合前パンケーキを・・・。

Sbsh00501 毎回毎回同じ写真使うなよ~って違います。毎回色々とアングル変えて写真を撮ってるんですよ。今回はロイホ感を出しての撮影。

今回の実戦のテーマは「未経験者を経験者に!」

チーム事情的に4学年あわせてもチームを支えているのは大半の『未経験者』。高校時代に他のスポーツや文化会にいた生徒が成長し、いっぱしの選手となってチームの中心で活躍している。だから未経験の選手はとても大切。

コーチとしても、未経験選手を伸ばすことが大切な仕事。

4月中頃に入部して約2ヶ月。正直、フットボールと言えるような練習を積み上げてきたわけではなかった。実戦からほど遠い内容の練習ばかり繰り返してきた中で、どれだけ力を発揮できるかどうかを試したかった。

Sbsh00521誰や、試合中カメラ目線の奴は・・・。

その中でも選手達は頑張ったんじゃないかな。痛い思いをしてサイドラインに戻ってきたら「痛いのが当たり前じゃ」と怒られて、めげずにまたグランドに走って出て行く姿には関心した。

中には未経験の1回生ながらも、すでにでのスタメンを取った選手もいる。高校時代はバンドのボーカルをしていたらしく、特技は発声練習とか。。でもスタメン。だからスタメン。

それぞれのまだ閉じられた大きな大きな可能性。

この日は、その可能性が広がっていく為の一歩目を踏み出した日。

とっても大切な一歩目。

限りなく広がっていけるようしっかりと目を配っていきたい。