« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

コトコトステージ

毎日の暮らしのヒントをライブに体感!

西宮阪急ガーデンズにて『コトコトステージ:八尾彰一さんのランニングクリニック』にゲスト参加。グリコのサプリメントやアシックスのシューズの紹介まで幅広く行われた。

Dscn1669 八尾さんと久々の再会。会うたびに人間性が磨かれる気がします。勉強させてもらいました。ありがとうございました。

スポーツ選手としての立場からの話だけのつもりが、いつの間にか一緒に走ろう!ってことになり、気がつけばみんなで武庫川の河川敷でストレッチをしていた。「行きましょう!」「はいっ」と即答してしまうのも八尾さんの魅力ですね。

参加者は16名ほどで、なんとなんとその大半が女性っ!!!素晴らしい方々と共に、ウォーミングアップから競歩。そして1.5kmのインターバル走で汗を流せて幸せな時間を過ごせました。

その参加者のほとんどは大阪マラソンや東京マラソンなどに参加する本格派。一方、ガチガチ当たるコンタクトスポーツの瞬発派は・・・一人浮いてはいましたが、一生懸命って言葉をテーマに頑張って走りきりました。もう最後は意地だったけど、アメフト選手っぽく走ったつもり。

苦しく楽しい時間はあっという間。本当にいい経験をさせてもらいました。

Dscn1661 クリニック終了後みんなで記念撮影。ひとりだけ汗だくですわ。

そしてもう一つ。インソールとの出逢い。その名も『Super Feet』

近年、体幹や骨盤。股関節や肩甲骨などの使い方やトレーニング方法、動かし方など色々な視点から体感し勉強させてもらうことが多かったが、インソールが身体にもたらす影響がここまで大きいものなのか!って思わせてくれる機会を得ることができた。その人がこちら

Hasegawaprofile001 長谷川 健 (はせがわ・たけし)さん

 
人が直立した状態からの足首の動きから細かく説明、個人個人にあったインソールを提供してくれます。骨盤の位置も良くなり何気なくかかっていた身体への負担も軽減されそう。いいよぉ。

知ってる人にとっては今更だけど、今期はインソールをマイブームにしようかなって。

この長谷川さんに会いたければ、阪急百貨店西宮ガーデンズ3Fで健康館イングスカスタムインソール工房担当をしているので一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

パフォーマンスアップに繋がります。

2011年2月22日 (火)

3・2・1 ブレイク!

アメリカンフットボールに教育的価値を。

吹田市にある小学校にて、関西大学と追手門学院大学の選手達とで、フラッグフットボール指導へ参加してきた。

自分の役割は、全体の流れを勉強させてもらい、今後の指導に役立てるというもの。

フラッグフットボール。今までも小学校で特別活動の時間などを利用し行われていたが、今年より小学生の授業として採用されることになったスポーツ。

簡単に言えばアメリカンフットボールのヒットする要素を無くしたもの。

1回ごとにプレイが止まり、話し合いをしながらプレイを組み立て、男女関係なく、皆が主役になれる競技特性がある。作戦も、知識や発想した数だけあるので、創造性も磨かれる。

授業に採用された理由ものそこかなと。


それにしても、関大の選手の指導は見事なものだった。指導慣れしてると言うだけではなく、純粋にあれだけ楽しそうに小学生を真剣に指導する姿は、『関西大学』というチームの組織力を感じざるを得なかった。

最高のお手本だった。

1番興味持てたのは、入りの『ハドルっ!』

つかみとして場を和ますのと、ウォーミングアップ、離合集散を楽しく迅速にする要素があり、指導を円滑にする。というなかなか新しい発想。

1人がどこかで手を挙げて、『ハドルっ!』と叫ぶ。聞いたらその人に向かって全力疾走。

お互いの距離は、5センチ!

そして『3・2・1ブレイク!』の声で手を叩き、全力で散らばる。

これをひたすら繰り返すといつの間にか、『ハドルっ!』の声に反応して素早く集まるようになる。小学校6年にも効果抜群だったな。何より大学生が1番元気だった。

つかみはオッケー。

あとは先生方も巻き込み、終始笑い声の絶えない楽しい雰囲気のまま指導は行われ無事に終了。

昼には、クラスに招待され昼食を一緒に取らせてもらう場まで用意してもらえた。楽しく美味しい昼食も久しぶりだった。贅沢言えば、懐かしのあげぱんに出会いたかったな。

今回の指導から、授業で採用されることになったスポーツながらも、サッカーのようにわかりやすいスポーツではないので、指導者となる教員への落とし込みが重要になってくることを実感。しかしながらその役割を担うのは、学生と社会人チームの一部の有志。

名誉あることながらも、人数不足で本業との両立に負担がかかっているのは否めない。指導で練習頻度が落ちるなんて変な話なんでね。

ゆくゆくは、フットボールのある各大学が協力しあい、近隣の学校教員への落とし込みを行い、学内で円滑に運営していくように繋げていくことが重要なんだろうなと。

追手門学院大学でも、茨木市を中心に必然性を感じともらえるように準備していこう。

関大の学生達に学んだ一日でした。

皆さんお疲れさまでした。

2011年2月14日 (月)

愛の日

Valentineは"愛の日"って言うそうだ。

先日、追手門学院大学Soldiersのシーズンインが行われた。

新しいシーズン開始の節目として、チームスローガン発表と決意表明をし、目標を明確にして、それを全員で共有。チーム一丸となってスタートする大切な日。

昨シーズンからスローガン発表は選手自ら自分達の言葉で伝えさせるようにしている。自分達の想いを自分達の言葉にして伝えることで、責任感を持ち、覚悟を持って臨んでほしいという思いから。

選手達とは事前に、スピーチする時の目線、手の位置、姿勢、声の大きさ、強弱の付け方、話の構成など。色々と話あいや練習をしながら考えて準備をしてきただけのことはあり、見事なスローガン発表を行ってくれた。しかも、終盤の大事な場面での、周囲の笑いを誘う小ネタも用意。

まさかの高等技術も見られ、予想以上の出来だったように感じた。

Cimg3661

よく頑張りました。2011シーズンスタートです。

そしてWhiteValentineDay。雪も降って最高の雰囲気っ!! 

・・・関係ないよ。練習です。

110214_1421141 でも、さすがに雪が積もり過ぎて中止になりました。無理をせず風邪には注意しましょう。Valentineに集中しろってことでしょうかね。男性は意中の女性には花を贈るのが良いみたいですよー。

紅茶入りの生チョコはとっても美味しかったな。

2011年2月10日 (木)

逆ピラミッド

自信に溢れた態度は魅力的にうつり、圧倒的な存在感は人を魅了する。

アマチュアアメリカンフットボール界の構図。逆ピラミッド。

高校より大学の方が競技人口が多く、受け皿が広い状態。

実際の人数までわからないが、進学してフットボールを続けようと強い意思を持つ生徒の人数は多くはない。多くはないが、今後はもっと少なくなるのは予想できる。

そんな現実の中、高校生を追手門学院大学に招いてクリニックを実施。

自分達のチーム魅力を知ってもらう。感じてもらう絶好の機会に選手達は、終始楽しそうに取り組めていたように感じた。

もちろん核となる指導もそれぞれ大事な所を押さ、指導できていたし良い内容で出来ていたんじゃないかな。

今回のクリニックを通じ、進学してもフットボールを続けたい!と感じてくれる選手がいてくれたら嬉しいな。

そして、追手門学院大学が魅力的なチームに感じてくれたのなら、なお嬉しい。

追手門学院大学〜。

追手門学院大学を〜よろしく〜お願いします〜。


2011年2月 8日 (火)

Spill n Squeeze

Super Bowl面白かった。

10万人収容のスタジアムにびっくり。それが満員御礼なことにもびっくり。さらにアメリカンフットボールの1試合がとんでもない経済効果をもたらすって聞いてまたびっくり。試合終わってニュース見て、国歌を間違えて歌ってたって知ってまたまたびっくり。

やはり大舞台のプレッシャーはかかってたのか、細かいミスや反則が多かったようにも感じたが、キャッチミスした直後に似たようなパターンでパスを投じキャッチして挽回する場面なんて、人間臭いところが見えてよかった。

この試合の個人的なベストプレイは、4Qの始まってすぐのスティーラーズRBがファンブルした時のパッカーズディフェンス。ランニングプレイでの、2人のブロッカーに対し、一人目がSpill(WrongArm)!二人目が激しくSqueeze(OutFree)!そのままファンブルフォース!リカバー!ってディフェンスとしては、基礎的なルールそのままなんだけど、それが完璧に遂行されたらこうなるってまさにお手本なプレイだった。

今までにない最高のイメージが出来た。それだけで不思議とフットボールが上手くなった気にもなった。ほんと見てイメージするって大切なんだなぁって・・・。そしてNFLの最高レベルのだからこそ基礎は徹底されているんだなぁって実感できた。

日本人で活躍するトレーナーがインタビューされてたのもあったね。「何年後か何十年後かにNFLで働く日本人が出て来てほしいですね」って。

この”働く”って表現がとても気になった。NFLを目指すトレーナーに向けてか、選手に向けてかはわからないが、ひとつの業種として成り立っていることを印象づけるものであり、そこにいる人の言葉だったからか、妙に説得力のある言葉に聞こえた。

プロフェッショナルとして、立派に職業として成り立っているからこそ、目指したくなるし、夢がある。本当に魅力ある世界で、それはとても厳しい世界。

目指すなら覚悟して目指せよっ。中途半端で目指せる世界じゃないよってことですね。

アメリカンフットボールの魅力をまた実感することの出来たSuperBowlでした。

2011年2月 7日 (月)

NFL

スーパーボウル。

楽しみ。

パッカーズが勝利かな。

2011年2月 4日 (金)

34粒恵方巻き

恵方巻きを食べるようになった。

これって関西の文化?

昔、埼玉に住んでた時には豆まきだけだったような気がするが。。

あの、無言でひたすら長い巻物をモグモグモグモグ食べる空間にはぎこちなさを感じる。

まぁ美味しいから良しとしよう。

年々増える豆の数にも負けることなく、健康1番頑張ろう。

ご馳走様。