« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月26日 (水)

魅力ある34歳を

これでまたおっさんおっさん言われるわ。

昨日で、元気に34歳をむかえることが出来ました。お父さんお母さんありがとう。これでもまだ 篠竹監督の人生の半分にも満たないのか。。。

長いフットボール人生で、節目となった2010年シーズンから今年。新しい世界が見えてきた中で、今年はどれだけ挑戦することの出来る年になるのかな。

人は、やはり目標や生き甲斐がなければ目は輝いて来ないもの。

輝いてない奴には魅力はないし、そんな奴にはなりたくない。

自分の居場所・必要性・存在価値・そして存在意義。それらを自覚することも凄く大切な事。

今まで、自分の取り組んで来た事や目標、野望、なんでもいい。振り返って、向き合って、受け止めて、総括してから再度新たに走り出そうかなと。

なんとなくではなく、やるからには迷いなく、覚悟を決めて。

輝かしい34歳を手に入れよう。そして、魅力ある34歳になれますように。

110111_150136 勝尾寺のダルマに想いを込めて、34歳さぁ行こう!

2011年1月24日 (月)

Gewalt

「総括せよっ!」

って、ちょっとニュアンスが違いますが、追手門学院大学ソルジャーズ2010年納会。

4年間という限られた時間を仲間達と精一杯努力し、苦労し、涙し、喜び、時には喧嘩もし、沢山の貴重な経験を積むことが出来る。普通の学生生活を送っていたら絶対に得ることの出来ない、思い出と友人を得ることが出来るもの。

将来にふと、自分の周りの見渡した時にしかわからないものだけどね。自分で決心したひとつの事をやり切る力があるものだけが得ることが出来る。選ばれた人だけの特権とも言えるかな。

そんな学生スポーツ。

そして、人生における大きなひと区切りの”納会”

4年間、良い事も悪い事も沢山あったが、今日だけは厳しい内ゲバ(いつもしてませんからご安心を・・・)せんとしっかり送りだしてあげたい。その気持ちだけだった。

今年の納会は、送り出す4回生を1回から4回までずっと見てきた付き合いで、学生個人個人の成長を見てきただけにとてもアットホームな感じの心地よい空間を作れていたように感じた。これも今年のカラーだったんかな。

Cimg3626_2納会とPARTYの二部に分けての会。写真は一部の納会の光景。選手一人一人が大勢の人の前で話しが出来るようになっていること自体が成長。たいしたもんです。

Cimg3628二部の会の光景。4年間の活動を通じ、両親の大切さ、支えを実感し、恥ずかしがらずに心から「ありがとう」の感謝の言葉を伝えることが出来た。これだけで充分な成長です。嬉しかったね。

Cimg3645Soldiersの選手としての最後の最後の校歌。4回生は良い顔して歌っていました。下級生は下向いたり、横向いたり・・・。まだまだだね。

これで本当に2010シーズンが終了。と同時に2011年シーズンが始動。

春のターゲットはすでに決まった。  新しい時代の幕開けです。

2011年1月18日 (火)

定義とはなんぞや

27,25,21,20,19回・・・

リーディングレシーバーの定義って何?一番多くパスキャッチしたってことだと思ってた。

関西学生アメリカンフットボール連盟のhpに昨シーズンの関西2部の表彰選手が載っていた。リーディングラッシャー、リーディングレシーバーなどでそれぞれ表彰されていた。しかし集計表を見ると、昨シーズンのパスキャッチ数上位から回数を上げると上にあるとおり・・・。

でも、リーディングレシーバーのキャッチ数は19回って、それは正しいの?

定義づけは何?って話にならんのかなぁ。若い学生のひとつの記録は一生物だからね。納得の出来る説明をしてあげてほしいもの。大人の印象で決められる記録ってものどうかなって思う。1部のように優秀攻撃選手ってするんならわかりやすいよね。

一説によるとリーグ戦中の集計自体が曖昧だからって。。。?そもそもそれ自体があかんよね。

もっと深い意味でフットボールの質をあげていってほしいなぁ。

しっかり教育しなあかんなぁ。

なんか腑に落ちないなぁ。

世の中は矛盾の塊だ。

2011年1月14日 (金)

明けて魁

格闘技・・・

凄いジャンルの世界だと思う。見知らぬ人と「よろしく」って挨拶してどつきあう。殴るは蹴るわ投げ飛ばすわ。時には鼓膜破られ、鼻も折られ。。。で、笑顔で挨拶してまた殴りあう。

2011011322410000久しぶりの魁塾へ谷原信博選手と新年の挨拶と初練習参加へ。

競技の特性というかなんと言うか。人を攻撃できる人種って凄いなぁって。アメフトやってて言うのもなんだけど、ぶつかるのと殴るのは違うよねやっぱり。

それが高等技術に裏打ちされているから、練習では大怪我なくやってるんだろうけど、興味本位でやったらそら大変なことになるわな。昨年に一度、スパーリングに入れさせてもらったが、パンチを出せど出せどよけられて、変わりにカウンターパンチを何回ももらってフラフラになったのを覚えている。

中途半端に足突っ込んだら痛い目にあいます。

あと、酔っ払いのつまらん見栄や虚勢の張り合いの喧嘩してた得なことはひとつもないねぇって。。。そんな元気あるなら正当な技術身につけて正当な場で戦いをしたらいいのにって思うわ。

平和になるわ。

Love&Peace なんか懐かしいフレーズだな。。

2011年1月10日 (月)

勝尾寺のダルマ

伝統の継承

勝尾寺:千数百年の昔より山自体の持つ霊力によって無類の聖地として崇拝されてきた。弥勒信仰、観音信仰はもちろんの事、役行者慕う修験道、阿弥陀信仰、薬師信仰、聖天信仰行者ら、多くの人々がこの山で己の精神と対峙し、日夜修行を積んできた歴史がある。

以前、追手門学院大学soldiersで夏に行われていた勝尾寺ランニング行事。追手門学院大学からは片道15kmほどの距離にあり、昨年から夏ではなく年明けの伝統行事として復活させることになった。

今年は1回生が予想以上の活躍を見せて上位を独占。これは意外ではあったが、とても嬉しかったな。こういった厳しい走りの中で人の性格って見えてくるもので、マイペース派。楽しく団欒派。競争派。などそれぞれ。どれが正しいなどないが、こんな時に人の本質は見えてくる。

あとは、走りきって何を思い、何を得たか。

選手ひとりひとりの中での発見、気づきを期待したい。

Cimg3579_2必勝祈願を行い、みんなで撮影。

努力なくして成果なし。気づきなくして成長なし。想いなくして団結なし。団結なくして勝利なし。

勝者になるべく行動を。

Cimg3578 頂上にて必勝蕎麦を食す。こんな時にものんびり談笑して食べたりする選手はいる。すべてにおいて、周りを見て行動できるというか、何を行動するべきか考えられる人物になってほしい。まだまだだけどこれも教育ですね。

これで、2011年シーズンがやっと開始された気分。

頑張ろう。

2011年1月 8日 (土)

Chevy(シェビー)

Chevy(シェビー)
年初め恒例の朝倉トレーニングぅを受けに十三GGへ。

朝倉氏とは、アリーナ挑戦時代からのお付き合い。もう8年くらいになるかな。今の自分があるのも朝倉氏のおかげです。ありがとうございます。


毎年毎年指導を受ける度に進化を続けている朝倉トレーニング論。

今年は股関節周りを中心としたトレーニング方法に、解剖学的説明を加えて詳しく説明を受ける。

キーワードは『Chevy(シェビー)』

知りたい人は、僕が知ったかぶり全開で教えますよ〜。

1日で筋肉痛です。いやっその場で筋肉痛です。


今までで1番長いシーズンを送った2010年。最高に気持ち良かった。もっと強くなって、またあの快感を味わいたい。

だから、鍛えるんです。

そして、オフの今は身体を鍛え上げる1番大切な時期。

停まらずに走り続けよう。

呼吸するのと同じくらい当たり前に鍛え続けよう。

まず、腹筋を割ろうか。

Chevrolet !

2011年1月 6日 (木)

王様ドッジ

王様ドッジボール。

当たった人は王様の言うことを絶対に聞かなければ・・・。ってそんなドッジボールありません。あしからず。

年明け最初の練習は、身体を動かす程度の練習ってことで王様ドッジボールから。このスポーツ実は奥が深い。ルールはドッジボールと同じだが、王様が当てられた時点で負けってのが特徴。いかにして守り、いかにして倒すか。チームワークと戦術が問われる。

短時間のミーティングでチームをまとめ、そしてルールを作り上げ。如何にして牙城を築き、牙城を崩すか?プランを決めて、全員に理解させ実行させる。そんなコミュニケーション能力が必要になってくるものなんです。

110105_0916291守られる王様(赤)。犠牲の精神です。いい形が生まれていますが、ボールを2つにしてみましょう・・・。

110105_0915521はい。王様(赤左)が暴走を始めて、まさに裸の王様状態になっています。危険信号です。方や王様(赤右)はがっちり守られていますね。

予想以上に面白かった王様ドッジ。王様放っておいてボールをよけたりする兵隊が見えたり、王様より後ろ向いてる兵隊を倒すことに夢中になってたりと、選手達の様々な性格の部分が見えたのが面白かった。王様ドッジ、継続していこうかな。

2011年も新しいチーム作り。色々とやっていこう。

2011年1月 5日 (水)

感謝・感謝で日本一

『感謝』

何回言っても言い尽くせません。ライスボウルの観客なんと約3万6千人。

3階席まで開放し、観客で埋め尽くされた東京ドームでプレイするのは初めての経験。そもそもライスボウル出場そのものが初めて。とにかく勝ててよかった。社会人になって11年目にして初タイトル。フットボール人生では18年目。

アメリカンフットボールに関わって生きていく!って自分の軸は絶対にブラさなかった結果が、念願のタイトル獲得に繋がった。これからまた新しいフットボール人生の幕開けになるはずだ。よりよい人生にしていきたい。

そして、もうひとつ大切なこと。

応援してくれる人達や、支えてくれる人達がいるから、自分の存在意義があるってこと。

本当に沢山の応援ありがとうございました。試合の録画見てみたら、めっちゃでかい声で「むつみ~いけぇ~」って入ってたり、名前や番号付きのボードを作ってくれていたり、ブログに沢山のコメントをいただいたりと、本当に感激の連続!ありがとうございました。

選手冥利に尽きます!

これからもどうぞ応援よろしくお願いします。皆で得た日本一です。一緒に喜びを分かち合いましょう!

637試合前に行われたイベント。NFLエクスペリエンス。沢山の子供達が来場して大盛況でした。選手なのになんでいるの?って何回も聞かれました。試合開始4時間前ですから・・・。

633 ボール投げゾーン。他にもFGチャレンジやFlag体験。パスキャッチ、障害物レースなど沢山のブースがありました。

648パスキャッチゾーン。今回のライスボウルやエクスペリエンスのスポンサーにはなぜかアメリカンフットボール出身者が沢山。オールジャパンの選手も所属していてとてもハイレベルな環境を作り出していました。

666試合の応援団。応援ありがとう。力をもらいました。

678優勝報告の整列の瞬間。いいねぇ。感動して目頭熱くなったわ。スタンドに飛び込みたかったー。

699試合後に行われた祝勝会。写真は吉木選手。隣にいる白T-シャツの#94 畠山大輝選手でさえ100kg超えてるのにこの大きさ・・・。天井に頭ついてます。ラグビートップリーグからお誘いが来てるって噂もある逸材です。

701トロフィーの数々。誇らしいですね。勝手に一個持って帰ったろうかなって。。。

700こらこら・・チア好きおっさんめ・・・。

感謝・感謝の日本一。改めて、沢山の応援ありがとうございました。

さぁ余韻に浸ったら新チーム始動に向けて切り替えよう!

皆さん。2011年シーズンもどうぞよろしくお願いします。

高橋睦巳

2011年1月 3日 (月)

明けまして日本一

勝った。最高の年明けスタートを切れた。

凄く凄く長い一日だった。試合は一瞬だったけど。

人生初の日本一。

また新しい何かが見えてくる。

詳細はまた。

2011年1月 2日 (日)

いよいよライスボウル

らきすたの聖地、鷲宮神社へ初詣。

この鷲宮神社。

幼い頃からずっと初詣にいっている神社だが、何年か前かららきすたの『聖地』となって人気を集める神社になってしまった。12万人以上来場者が増え、地元の幸手市とタイアップしてスタンプラリーまでやっているそうな。すごいね。

Mikoshi_img11 これ神輿。大人気です。

昔は、リーゼントに特攻服着て(上半身はサラシのみ)参拝の列に並んでカタカタ震えているのを見ながら世の平和を感じていたが、今は紫色のカツラとミニスカートをはいてコスプレをした男性に変わってしまった。これも時代の流れか。。ニーズか。。。まぁ世の平和なことは変わってないんかなと。。個人的には寒さに見栄を張る硬派な時代が好きでした。

*コスプレといったら、年末テレビのダイナマイトで自演乙選手勝ちましたね。おめでとうございます。凄いの一言。ほんま尊敬できます。

そして、いよいよ明日はライスボウル。フットボーラーにとって日本一の王座を決める最後の試合。言うならば、自分にとって東京ドームは聖地ってこと。 

ここでやらんでいつやるの。

聖地での完全勝利目指し、やりきります。

110102_1402531 2010年シーズンのグランド練習は今日で終わり。長いようであっという間の1年間。感謝の意味を込めて写真とりました。