« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

623時間ひかり

関西学生1部リーグ、関学が関大に勝利し3つ巴。でも、もう1チームが入ってプレイオフになるみたい。面白いルールや。

さて、追手門学院大学は2010年シーズンはとっくに終了し、現在はトレーニング中心の時期。なので平日はトレーニング中心。

101126_195707_2 追大トレーニング風景。室内トレーニングも負荷かなり上げてるんだけどな。トレーニング後の階段も元気に走り込んでいたので正直関心した。しんどいトレーニングも元気にこなすのは、タフになってきた嬉しい成長の証。

週末、朝は始発で4時間かけてシーガルズの練習に千葉へ向かう。

この時期にフットボールが出来るのは、ほんの一握りの選ばれたチームのみ(昨シーズンは追手門学院大学は違う意味で長いシーズンを送ったが・・・それはそれ)。ほとんどのチームがオフになるこの時期に、まだフットボールが出来るのはとても貴重な時間。贅沢な時間。この時間を大切に、そして1日も長く続けていたい。

101127_0616591 京都駅。623時間を見つけて小さな幸せを感じたよ。いいことあるわ。

自分達の練習も大切だが、未来のフットボーラーを育てるべく普及活動も大切。午前中に行われた今シーズン最後となるフラッグクリニックには選手も20人ほどコーチとして参加。

選手の大人気ないプレイも多発したが、子供達と一緒になってボールを追いかけ、眠気吹っ飛ぶくらい楽しかった。詳細はあとで写真と一緒に更新しますね。

試合まであと1週間。しっかり準備して試合にのぞもう。

ファイナルステージの予定はこちらからどうぞ

2010年11月25日 (木)

行こうよ寒中水泳①

尊敬するトライアスリートの八尾彰一さん。

現在、プロトライアスロンチーム『チームブレイブ』の総監督として、また地域密着型トライアスロンチーム『北摂ブレイブ"YAO LOGIC”の監督として活動している。

その八尾さんが行うイベント。寒中水泳。 寒中水泳。

12月30日@須磨海水浴場にて12:00~行われます。興味ある人はぜひ参加してください。興味もたれた人はこちらまでどうぞ→ohio623@hotmail.com

昨年度に初めて参加。なんと今年で31回目となる寒中水泳だそうで。毎年毎年継続するって本当にすごいことだと思う。30年も続けているものって自分の中にあるかなって考えたら何もなかったよ。。

33718387_1059893477_2 昨年度の寒中水泳の光景(写真右が八尾さんです)

出逢いは必然。運命も必然。人と人は出会うして出会うもの。出逢いに意味のないことはなく、とても貴重なもの。一期一会って言葉もあるように、常日頃その瞬間の出逢いを大切に感じながら、人と接することが大切なんだなと思う。そして、そんな生き方をしている八尾彰一さんだから尊敬できるし、八尾さんの周りには沢山の人が集まってくるんだろうなっ。

何を得れる?そんな利益ばかりを考えるのではなく、今の自分に必要なものが見えてくるきっかけとなる機会、言うならば自分探しの寒中水泳。

答えはその人その人の心の中にあり、何を感じるかはその人次第。自分にしかわからないもので、その答えは一歩踏み出す勇気を持てば見えてくるもの。

自分探しの旅に出よう。答えを探しに須磨へ行こう。

また、宣伝します。

33718387_4034099283_2

名指しで失礼します。昨年度参加の後上君、和久君、椙田君、谷原君。継続は力なりですよ。

2010年11月24日 (水)

内発的動機付け

オフ?

んなもんないよ。オフシーズンなんて毎日練習や試合をしているプロスポーツ選手くらいだろ必要なの。勝ちたいんなら地道に謙虚に努力に練習練習。建て前だしてるようじゃ本気じゃないってことで。

追手門学院大学Soldiers、新チームになり初の実戦練習を行った。相手は、桃山学院大学。

101123_1604341 4回生が抜けて30人未満の新チーム。

近年、桃山とは練習試合や合同練習を多く行っているためか、選手間で知り合いが多いらしく、良い好敵手な関係を持っている感じ。遠慮したり躊躇したりつまらん意地はったりするようなことは一切なく、真剣に思いっきりぶつかり合ってくれていた。

内容は、ゲーム形式ではなく、キッキングを除いたオフェンスとディフェンスの真っ向勝負。

それをひたすらガツガツガツと。。

良いところも悪いところも全部出た。悪いところが出ながらも良いところも出たり、選手の可能性が拓ける兆しが見えた内容だった。

あとは選手達が今回の対戦で、今の自分に何が必要かを感じ取り、そのための取り組みを考えて行動していってほしいな。(まぁそれを促すのが自分の役割でもあるんだがね)

やっぱり実戦って凄く大切。

戦う相手を目の前に、全力でぶつかり、全力で追いかけ、全力で叩き潰し、全力でやり返す。何度倒されても向かっていき、何度でも何度でも勝つまで戦い続ける。そして成長していく。

それを繰り返して、どんどん立派なフットボーラーになっていくんだな。

桃山学院大学の皆さんありがとうございました。お礼に寒中水泳にご招待しますよ(詳細は後ほどupします。。。)

*対戦してくれるチーム探しています。興味あったら連絡お願いします*

101123_1813011加藤HCと恒例の写真撮影。

皆さん。だいぶ寒くなってきましたので、風邪には充分注意して体調管理、栄養、睡眠をしっかり摂りましょう。シーズン中の皆さんは、風邪薬選びには注意しましょう。ドーピング検査ありますよー。

2010年11月22日 (月)

電話抽選

ファイナルステージ出場をかけたIBM戦は55対27で見事勝利。

個人的には、チーム内競争を勝ち取りたい。単純に考えて、層が厚ければ消耗戦になるこれからの戦いには強くなるから。

101121_1254141試合前スタバ。オレンジソースは期間限定だったみたい。カップがクリスマス仕様ですね。

101121_1215031 6年ぶりの横浜スタジアム。野球のマウンドのすべる鉄板もなくなっていたし、やりやすかったな。

試合後に行われた抽選、くじ引きは実に興味深く、そして面白かった。関東、関西での各試合が行われた後、ファイナル出場の対象チームが残って出場チームを決め、対戦カードを決める。実況は電話をマイクに繋いで行われた。

照明の照らされる横浜スタジアムに両チーム、観客までもが残り、その動向をうかがうべく実況に耳を傾けた。

オービック、パナソニック電工、鹿島の3チームはすでに全勝で1位通過で決定。残りの1枠を2敗で並ぶ、富士通、アサヒ飲料、IBMがくじ引きで決める状況。

姿は見えないが、抽選される3チームの緊張感がスタジアムを包み、何千人といるフットボール関係者が固唾を飲んで見守り静まり返っていた。そして次の瞬間。対戦側にいたIBMから大歓声が起こり、IBMのファイナルステージ出場が確定した。

次に、ファイナルステージ(12月5日)対戦カードを決める抽選が行われ、川崎球場で、オービックと鹿島が。長居でパナソニックとIBMが決定した。

いよいよ、リーグも終盤。やることやって年明けまでフットボールをしていたい。

2010年11月18日 (木)

う まいから

「追手門学院大学受験の方~ こちら右列にお並びくださ~い」

今日は大学入試のお手伝い。沢山の受験者が来てくれてなんか不思議と嬉しかった。

101118_0933161 担当場所:阪急茨木市駅

通行の邪魔にならないように、上手に列を作らせるって難しい作業だね。特に受験で緊張している生徒に負担がかからないようにって気を使った。腕章してなかったら絶対に広告配る怪しい人にしか見えなかっただろうに。。

並ばせてる途中にも、無意識に生徒のサイズを確認。おっこいつええガタイしてんなぁ。こいつはイカツイなぁ。礼儀正しいしMGなんかどうかなぁって生徒を調査してもうた。ある種の職業病。

さすがにテスト前で緊張している生徒は勧誘してませんので、ご安心を。

スーツじゃなくてアメフトの格好して整備したらよかったな。失敗したわ。

Top_keyvisual_2 うまーい から揚げ。食っていけ。

「ほんま ほんま からあげ うまいから。 うまいから。」

「お~うまい。 うまいうまい。」

なっ、美味いゆうたやろ。 うまいんやから・・・。うまいからあげうまいから。 

だから店の名前は『まいから』(すいません勝手に決めました)。

アサヒ飲料チャレンジャーズ時代の元チームメイトがはじめたから揚げ屋。あの河口マーサと練習中に乱闘となり、フェイスをメットから千切られた男。千切ったんちゃうよ。ち・ぎ・ら・れ・た。どっちが凄いかはわからんが、そんな男がはじめたお店。

その名も『MAIKARA』。遅くなったが開店祝いに駆けつけ、沢山食べてきた。

このから揚げは今までの固定観念を覆す・・・って詳細はいらんね。食べに行ってあげてください。お願いします。ソースがいいよ。

101118_2102211うまいから~ 食べに来て~

2010年11月15日 (月)

Greatだぜ

関西学生リーグ1部

やっぱ盛り上がりますね。観戦にはいけなかったけど、観客は8千人とか。内容も接戦で関大が立命館に勝利してかなり盛り上がったとか。さすがグレート板井やぁ。

これで関学が関大に勝てば三つ巴か。個人的には、ぜひ関学に勝ってもらってプレイオフ突入!ってなってほしい。理由?きっとおもろいから。

それにしても我が母校はどうなったんや。。。やぁ~。

社会人XLeagueだって盛り上がってる。2ndStageもいよいよ大詰めを向かえ、ファイナルステージに向け緊張した試合が繰り広げられてる模様。

シーガルズの次の試合は11月21日(日)。なつかしの横浜スタジアムで試合。通称:横スタ。。関西に移籍してから横スタで試合した経験なし。いったい何年降りだろう。6年?

楽しみ。

好ゲームを増やして、フットボールゲームの質を上げたい!その質を上げれるように自分磨きをしっかりしたい!まずはやるべきことしっかりやりましょうやりきりましょう。ってことで・・・。

腹筋プロジェクト!みなさんも一緒に頑張りましょう

お願いします。

2010年11月11日 (木)

今日は何の日

気になる日。

11月11日・・・。

101111_1115361ポッキーの日。グリコやし、とりあえず購入。細いのが好きなんです。

あとは、靴下の日とかチーズの日とかラジオでやってたけど由来はわからず。まぁ1続きでいいじゃない。縁起良さそう。

         『 1 』

1部・・

あぁ~思い出す。2010年シーズン関西学生2部リーグ。追手門学院大学soldiersは2位でシーズンを終了。正直、1部挑戦への出場権を懸けた試合まで行きたかったな。届きそうで届かなかった2部リーグ優勝。

1部への挑戦の道は険しく、甘くねぇってことだ。

101110_0954351 こないだテレビでやってた関立戦。

この試合の前では、関大vs同志社がやってた。1部になれば普通にテレビで放送されるんだよな。上位争いをするようになればニュースになるし、新聞にだって載る。試合中の2時間は常に学校の名前が呼ばれているわけだし、宣伝効果も抜群。

学校としても、選手としても、チームとしてもステイタスが上がる。

2部・・・。なんもなし。

この差は大きい。まだまだ道のりは長いが、是が非でも1部へ上り詰めよう。その前にその資格を得るために練習に励もう。

11月11日。

1部昇格へ向けて始動した日。と決めた。

さあ練習だ。トレーニングだ。 まずはポッキー食い尽くそう。

2010年11月 9日 (火)

ポンポン山へ再び

以前に、遭難という苦汁を飲まされた山。

ポンポン山(山の中が空洞の部分があり跳ねると反響してポンポンと聞こえるからついたらしい。ちなみに標高679m)

あの時は、距離的には問題はなかった。同じ道を帰って来さえすれば血だらけになることもなく楽しい登山だった。。はず(当時のブログ)

ってことで再挑戦。まぁ試合後のクールダウンでハイキングに行っただけの話。

沢山の自然に、美味しい空気。

途中の山道で野生の鹿と遭遇したり、紅葉になる途中の葉を見たり、木々の生い茂る独特の匂いを嗅いだり、御神木と出会ったりと自然の雄大さに感動しっぱなしだった。

心の平穏を得て、感性が高まった。

101108_1342081山の中腹から見る景色。綺麗でした。

101108_1405381山道。こんな木々の隙間から鹿が2匹顔出して来たときにはめっちゃ興奮した。でも、野生の鹿って襲ってくるみたいなので注意。追いかけては行けません。

101108_1426011御神木のスギ。いやぁ。でっかいね。山の頂上付近にこんな木があるなんて・・・。自然の力を感じます。

101108_1604041 そして紅葉。赤、緑、黄緑、オレンジ、様々な色が一本の木から見れるなんて凄い贅沢だよね。

磨きあげよう感性を。

現実の仕事や責任の中、趣味もそうだが、同じ場所をぐるぐる回り、その輪を大きく広げようと邁進している毎日に、外界へと視野を広げる期間って凄く大切なものなんじゃないかなって思う。

ちょっと違う目線、ちょっと違う感性を取り入れることで、今の生き様を、世界を第三者的に見るきっかけとなり、そしてさらに沢山の選択肢を持つことが出来るようになるのではないかな。

広げたい。世界観。

人の評価などは所詮、他人の評価でしかない。向き合わないわけではなく、広い世界観を持ち、しっかりと自分の評価を自分で出来れば、他人の評価も素直に受け入れられるし、他人をしっかりと評価できるんじゃないかと。。

賢い知識、一般教養、一般常識あっても人の心を読めなきゃ意味がない。

人の心が読めても、伝える術や言葉がなければ伝わらない。

月並みの言葉や表現で伝えても、人の心には響かない。動かない。

どんなに上手に伝えても、薄っぺらい生き方してたら言葉に重みは生まれない。

磨こう。感性。

広げよう。世界観。

でかくしよう。自分の器。

そうだ。。。

旅に出よう。

2010年11月 8日 (月)

Bubble来たぁ~

題名は身内ネタ

社会人X League 2ndStageの初戦は56対2で勝利。強ぇなこのチーム。というのもしっかりとしたゲームプランが組まれ、その準備がしっかり出来ているからこそ。戦術、戦略、準備のスポーツだね。

観客もアウェイ側にもかかわらず、超満員。関西での遠征にもかかわらず沢山の応援があったのは本当に嬉しい限りだった(半分強制に来させた観客もおったけど・・・)。とても楽しくフットボールが出来た。本当に勝つっていいよね。沢山の応援のおかげで頑張ることが出来ました。本当にありがとうございました。

このまま勝ち続け、上っていこう。

101107_1118061 王子STといえばロイホ。試合前パンケーキにしました。食べ放題って復活するんかなぁ。。。。何枚食えるんやろ。。。

次は2ndStage第二戦vsIBM。11月21日(日)横浜ST

沢山の応援お待ちしています。一緒に頑張りましょう。

2010年11月 7日 (日)

躍進の2010

追手門学院大学ソルジャーズ最終戦。結果は、41対16で見事、有終の美を飾った。

有終の美。。

そう。。残念ながら、神頼みのプレイオフはならず。シーズンは終了してしまった。

それにしても、今シーズンは学生スポーツの可能性が見れた楽しいシーズンだった。

昨シーズン最下位が、二部の上位争いをするようにまでなり、さぁこれから!って時にシーズン終了するのは惜しいが、他力本願の状況だったからしょうがない。

やることはやった。受け止めよう。

振り返れば、初戦の結果が全てかなと。。そしてその初戦の敗退の想いがあったから、足りない部分に気づき、反省して、ここまで成長することが出来たのだろう。

4回生はお疲れさん。
バーシティあるぞ。
就活しろよ。

これからは、今の力をベースに新チームを始動させていく。

オフ?

ねぇよ。もともと週休3日のチームじゃ。もっとフットボールに時間を割きなさい。

まずはフットボールが出来る身体作りから始めよう。体重50キロ代じゃなにもできんよ。


あっ。そうそう。
今年も寒中水泳あるからな。


もう一度。

4回生お疲れさん。