« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

ゴケ蜘退治

今朝の業務内容

『セアカゴケグモを殲滅せよ』

朝一番からマスクして、殺虫剤もって、セアカゴケグモ探して殺虫剤撒きまくって・・・。クモ退治する前に、こっちが不審者で捕まるんちゃうか?って。。。

ゴケグモに対する知識ゼロ。黒くて赤い線があるのは知ってた。

おっ、こいつは黒くないし、赤い線もない。普通の大きいクモだなぁ~でも、とりあえず退治しとこかって退治したのが・・・。実はセアカゴケクモの雄だったのが判明。触らなくて良かった。

雄は雌とまったく違う色と形なんだね。

卵はめっちゃ大きいし、怖えぇよ。一個の卵に何十匹って入ってるらしいよ。

101028_0959361 卵とゴケクモ(雌)

あぁ食欲なくなったわ。

2010年10月26日 (火)

祝!琉球大学

祝!琉球大学

101026_0851121 『重い一勝』

今期、春先に訪れた琉球大学。たった二日間ではあったがとても内容の濃い合同練習だったためか、とても他人事には感じられずシーズンの成績が気になっていた。

それが、九州学生連盟に加入した初シーズンで見事に1勝目をあげたと10月25日、朝日新聞の夕刊記事に載っていた(追手門の名前もそこに)。成績は4チーム中、なんと2位(1勝1敗1分)。

実に嬉しい。

選手達の想いがこもった1勝。

涙の1勝。

初の1勝。

重い1勝・・・。

琉球大学の皆さん。おめでとう。

2010年10月25日 (月)

ぎゅぎゅっと結束。

勝った!これでオービックシーガルズの1位通過が決定。

今回の勝利はでかい!

101024_1719101優勝の証。雨でグショグショです。いい戦いでした。

1位通過かどうではなく、今回の勝利を通じて得たチームの結束力はとても大きなものであったという事。それがでかい!

仲間を信じること。

自分の責任を全うすること。

人の期待に応えること。

選手、コーチ陣がそれらの本当の意味を理解し、実行出来たことでチームとしてひとつになれたように思えた。

『ぎゅっ』ってなった感じ?

実はこの試合負けてたら、このチーム崩壊してたんちゃうかな~ってくらいこの試合の勝利することに対する位置づけが高かったんじゃないかな。そう思う。

社会人チームでこんなに切羽詰まった、緊迫した雰囲気で試合をするのも、それだけ選手一人一人の勝つことへのこだわりや執念。意志が強いからなんかな。

おもろいな。

101024_1102241 試合前恒例のスタバ。『クワトロベンティオレンジモカ~』

次は2ndステージの開始。組分けはオービックシーガルズHPからどうぞ。11月7日にはもう試合が組まれている。休んでいる暇もなく、どんどん進んでいかなければ。

個人的にはもっとチームに貢献を。選手と指導者の両立は今しか出来ない貴重な機会。

だからこそ、選手としてもしっかり成果や結果を残したい。でも、今はまだチームにおんぶに抱っこ状態。何もしてない。

今一度、自分の取り組みを振り返る時かな。

自己分析に自己評価。

まだまだ出来ることはある。取り組みの質を向上させていこう。

2010年10月23日 (土)

勝って兜の緒を締めよ

泣け泣け。

よくやった。

追手門学院大学ソルジャーズ第3戦の相手は、過去勝ち星のない京都産業大学(自分の関わる記憶ではボロ負けばかり)。

しかししかし、結果は7対6で見事勝利!次に繋がった。

序盤、ファンブルやタッチダウンを反則で取り消され、つまらんミス連発などが沢山重なりながらも皆で支えあって、耐えに耐えて最後には逆転!チームを見事勝利へ導いた選手達。

膝が抜けても、捻挫しても、脳震盪起こしても、目を腫らしても、「痛い」「しんどい」など弱気発言を口にすることなく戦い続けた選手達の姿に感動すら覚えた。最後のFGブロックは痺れたよ。

試合後は、選手達は男泣き。学生コーチも男泣き(おれは微塵も泣かない)。

泣け泣け。

過去、何も出来ず大敗して、悔し涙を流していた選手達。やることやらんで泣く事に疑問や違和感を感じていたころから、勝利の嬉し泣きをするまでに成長した。

着実な成長。進歩、進化を目の当たりにし、強いチームへ化け始めたのを確信。

リーグ戦は、残り1試合。勝つぞ。勝って先に繋げるぞ。

ほんまよくやった。

”今日だけは泣いていい”泣け泣け、泣いて喜べ男泣き。

アメフトは最高だ。
スポーツは最高だ。


おれは泣いてない。

2010年10月22日 (金)

運命、宿命、それが天命

肌寒い季節になり、シーズンの深まりを感じるようになってきた。

関西学生2部に所属する追手門学院大学SOLDIERSのリーグはやや混戦模様(個人的に混戦してほしい願望が強いだけだが・・・)。

現在、3戦が終了した時点で、追手門大2勝1敗。大産大3勝。大阪学2勝1敗。京産1勝2敗。京工1勝2敗。和歌山大3敗。

う~ん。 混戦も何もないな。

追手門学院大学は、全勝している大産には初戦で負けているので、皮算用している場合でもないしそんなことするのも嫌い。1戦必勝で力の限りを出し尽くし、残り2試合を戦おう。

世の中が求めているなら先は繋がる。

人事を尽くして何とやら・・・ 

天命を待つにはまだ早い。

試合日程:10月23日(土)11:00~キックオフ vs京都産業大学

2010db500 そしてもう一つの試合オービック シーガルズ

こちらもFINAL進出をかけた大切な試合。写真はHPから拝借。本能で生きる人種DBの集合写真。アメリカンフットボールで一番身体能力が高い選手が集まると言われているポジションなんです。理由は簡単。好き勝手に走る選手に投げるボールを奪い取るから。

人間は誰でも大きな可能性を秘めている。それを引き出すもしまい込むも自分次第。DBにコンバートするきっかけになったのも何か理由があるはず。運命か宿命か・・・おれはこれからどう進化するのか・・・。

でも、今はその答えを求める時期でないし考える必要もないかな。必死こいて切磋琢磨できる仲間と共に成長していきたい。

答えはきっと先にある。まだまだ先に。

試合日程10月24日(日) 14:30~キックオフ vs富士通Frontiers。

2010年10月16日 (土)

♪ででんのでんでん♪

♪ででんのでぇ~ん ♪

おでん。

101015_222102 夕食おでん350人前・・・。日本のソウルフードのひとつ。

関西学生リーグ、リーグ戦は残すところ2試合となり、いよいよ大詰めをむかえる。現在、勝敗は2勝1敗。残りをとにかく勝ちきること。自分達に出来ること、やるべきことをやってあとは運を天にまかせよう。。

だから、やることやろうぜってことで校内合宿を実施。

練習して、トレーニングして、飯食って、ミーティング。動き回った1日の最後のミーティングでは、襲いかかる眠気に打ち勝つことでどれだけ精神力が鍛え上げられることか…そうやってどんどん選手は強く…。

ん?

ちょっとちゃうけど、皆でひとつの目標に向かって時間を共有するってとても大切。

101015_224501

同じ釜の飯食って絆を深めよう。

熱く夢を語り合おう。 

心をさらけ出そう。

強くなろう。

2010年10月11日 (月)

イエローフラッグ乱れ撃ち

三連休の最後は、川崎球場にて東京ガスとの試合。

101011_0913201 写真:試合前スタバはプレイヤーとしての恒例。写っているのは#5坂田選手です。髪をかき上げアピール中。ファン募集中だそうです。

結果は55対3で見事勝利はしたが、反則が飛び交う荒い内容だったように感じた(両チームあわせて13回の反則は多いよ)。終始、防げるはずの反則を連発して勝手に自滅した印象の強い東京ガス。レイトヒットなどの危険な行為で反則があったシーガルズ(疑問な判定もありましたがね、選手には何の権限もございませんから)。

応援に来てくれている沢山の観客の事を思えば、決して雑なプレイや中途半端なプレイはしたらあかん。そう言う意味では、もっとスムーズな試合運びが出来るようなクリーンなフットボールをして、フットボール自体の質を向上させて、魅力的なスポーツにしていかなあかんなと反省。

そして、次はもう1stステージ最終戦。

その相手は、富士通Frontiers。春はパールボウル決勝で敗退しているので、是が非でも勝ちをもぎ取りたい相手。

勝つ準備を迅速に!

それだけ。

101009_1918331 写真:『ガルズやぞっ!』ミーティングルームに張ってあるこのフレーズ。。いいよね。

チームにプライド持つなら勝つしかないよ。

2010年10月10日 (日)

言霊の力

3年前に河口氏が学生の身体やプレイスタイルを見て、発した言葉。

Masa 通称、マーサ。この右側の人。

『なんやあいつのタックルは〜。鳥ガラかっ!』

そんな彼らも今やチームを引っ張る4回生。

第3戦は、44対21で見事勝利。

着実に力をつけてきたのを実感。そして、点差以上に収穫のあった内容の試合だったように思う。

サイドラインに河口氏が来てくれたのも頼もしかったな。

試合後に『どうでしたか?勝ちましたよ』って自信満々に河口氏にコメントを欲しそうに集まった学生達の顔がまたよかった。

努力すれば、人は成長する。それを自覚し、さらに信頼する人に認められればそれは確信に変わり、自信に溢れたプレイをするようになる。

あとはどんどん伸びる。
今日はそんな節目のゲームだったように感じた。

河口氏からも『鳥ガラ』ではなく、フットボーラーとしての成長を認めてくれた発言が出て嬉しかった。

彼の言葉には力がある。たまに霊的な物も感じたりはするが。。。

学生達も彼からのハドルでの話しは自信になったことだろうと思いたい。

ただし、勘違いや過信で停滞することなく、次のステップに向かってのびしろを増やして行ってほしい。

リーグ戦は残り2試合。人事を尽くす為の努力をしよう。

101010_0813261 写真:コーチ時、試合前恒例のロイホのパンケーキ。美味しそうでしょ。

2010年10月 9日 (土)

どどどどっと

怒涛の三連休。

土曜日、始発にて千葉県にあるシーガルズグランドで練習。日帰りで大阪へ戻り(今、新幹線内で更新中)。

日曜日、追手門学院大学ソルジャーズの試合で兵庫県にある王子スタジアムへ。終わったら今度は神奈川県へ移動。

月曜日、オービックシーガルズの試合で神奈川県にある川崎球場へ。

好きな事を仕事にして、幸せ感じながらの三連休。。の真っ最中!

どどどどっと三連休。
アメフト漬けの三連休。
まさに怒涛の三連休。

やり切るぜ。

2010年10月 8日 (金)

自尊心を高めよう

どうせやるなら楽しくね。

追手門学院大学Soldiersでシーズンチケット販売実施。

101007_1638321 あぁ~ 一般学生が逃げていくぅ~。女子学生ばっかりに話かけるからじゃ!

でも、気持ちだよ気持ち。誠意を持って挨拶すればきっと振り向いてくれる。邪念を捨て心で接すれば気持ちは伝わる。 それとチケットを購入してくれるかは、また別の話だが・・・。

自作自演でいいじゃない。

自分が出場する試合のチケットを販売して見に来てもらう。本当に来てくれれば、それはそれは大きな責任感となるでしょう。そして、自分のプレイに責任持って、活躍して、その結果がチームの勝利となればまた新しいやり甲斐が見えてくるってもの。ファンも増える。

母校の誇りも大事だよ。でも、自分自身の価値を忘れちゃならん。

アメフトでプレイすることを通じて、人の心に影響を与える力があるのを実感できれば、自分の存在価値や存在意義を見つけるきっかけになるんじゃないかな。

アメリカンフットボールで育む自尊心!素晴らしい!

だから、チケット販売しよう。 

追手門学院大学SOLDIERSの試合

10月10日【日】11:00~vs和歌山大学 王子スタジアムにて。

応援よろしくお願いします。