« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

今を生きる30代へ

おおっ。

おおおっ。

100929_1141251 左の肩甲骨が広がってきた。

以前の左肩甲骨の状態はこちら→まったく稼動域がちゃいますなぁ。

1日10分トレーニングを毎日行えは10日で100分。これって冷静に考えてみれば、すごい大きな時間だよね。同じことを100分繰り返すのはかなり負荷がかかるものだが、10分ならできる。

毎日、地道に継続してれば成果はある。何事も継続することに意義があるんだね。自分の肩甲骨を見て実感。

年を重ねる。経験を重ねる。ってある意味、若い選手には出来ない年配者の優位性。時間だけが解決をしてくれるものだからいくら積み重ねたいものがあっても、一朝一夕には出来ないし、その差が縮むことは妥協しない限りはない。

年の功ってやつね。

だから、若者も今を大切にして、沢山積み上げていってほしいな。

ん?

なに?

っておいっ。 何を年寄り発言してんねや俺は?

あかんあかんあかん~。

まだまだこれからやでぇ。30代は伸び盛りや。

脂肪増えて腹がたるんで来た、ビールっ腹とか。仕事が忙しいからとか、理想と現実とか、自分の立場が・・・とか言ってる場合ちゃう。

仕事でも趣味でも、何でも。今しか出来ない事がある。

夢を追ってロマンに生きよう。

10/2(土)14:30 vs日本ユニシスBULLS@川崎球場 で試合です。

2010年9月24日 (金)

勝ち癖をつけろ

追手門学院大学Soldiers第2戦

結果は36対16で秋シーズン初勝利。

ここ2シーズン。一勝を挙げるのにどれだけ時間を費やしたか・・・。それがあったからどうしても早い段階での勝利が欲しかった。大産戦との試合の歯がゆさも解消したかった。きっと選手達も同じ考えで望んだと思う。

いいところ、悪いところはもちろんあるが(足1人攣りおった)、勝ったことをとにかく喜びたい。特に、初戦での課題を克服したWRへのTDパスは褒めたいね。実戦で30yレベルのパスで競り合うWRの外肩へライナーで投げ込んで成功させるなんて凄いこと。しかもしっかりサイドライン残し。かなりレベルの高いパスを通してくれました。河口さんあのプレイ見て解説してください。

あとは勝利をどれだけ積み上げれるかが大切。これからは練習負荷をあげて底上げを図っていかなあきませんな。

勝ち癖をつけよう。。

2010年9月22日 (水)

ハッシュはどこや?

追手門学院大学ついに、新しいグランドが完成

皆、歓声!

でも、ハッシュラインがない・・・。

俺、悲鳴。。

Image007 うっすら見える、赤いラインがアメフト。運動場ってコンセプトらしいが、アメフトでハッシュラインがないのは信じられない。アマチュアスポーツで認知度も低いからわからなかったんかな。そやな。

って、んなわけないやろ。

あかんあかん。土が人工芝になっただけでも飛躍的進歩や。贅沢いいません充分です~。

ハッシュないけど。。。

Image005 人工芝効果:練習後でもグランドに残る選手が増えた。ゴロゴロしてたっていいからグランドに滞在する時間が長くなるってことはとっても大切ですからね。強くなる要素が増えた気がする。

強くなる。勝つぞ。

次の試合はどこやー?23日(木)16:00expo vs大阪学院大学phoenix

phoenix・・・あかんやろーこの名前つけたらあかんやろー。日大だけやでphoenixは。そう思う。

2010年9月21日 (火)

勝利の内容

オービック シーガルズ第二戦は24対7で勝利。

勝つか負けるかの勝負事。最終的には1点差でもどんな内容でも勝ったらいい。勝つことが全てだが、やはり今の段階では内容もとても大切に思う。

その点で言うと、今回の試合はお世辞にも良い内容とは言いがたい結果。オフェンスはターンオーバー、ディフェンスはTDを捕られ次節への課題を残す形になってしまった。1戦1戦しっかり経験積み重ねてやっていかな。春のパールボウルの二の舞には絶対にならないぞ。

それにしても、シーガルズの応援席は今回も満員御礼。沢山の方々が応援に来てくれて本当に力になりました。川崎球場のスタンドでは足りないね。

ありがとうございました。また応援よろしくお願いします。

2010年9月19日 (日)

似顔絵

オービック シーガルズ第2節、明日キックオフ。

キッズのフラッグチーム関係者の人が書いてくれた似顔絵。ありがとうございます。こんなのが選手たちは一番喜びます。今日もグランドで、これは誰誰や、そっくりー!こんなにかっこよくない~。オレがいない~。など選手たちが集まって大盛況でした。

Image003 似てるね。かなり似てる。全員わかりますかー?シーガルズファンならわかりますね。当ててください。【上段真ん中は、マリオかルイージか?いったいダレやろ~なぁ~?】

今年は、試合中の応援ボードであったり、チアスティックでの応援、お見送りなどなど、試合を盛り上げるために色々な形が出来てきて、選手やチーム関係者、そして応援してくれる人たちが一体となって活動していることを実感できる。

ファンからも地域からも愛されたチーム。そして強いチームに向かって着実に進んできている。

こらぁ選手としてはやらなあきません。やってるつもりじゃなくて結果出そ。

あぁ~

キックオフが待ち遠しい。

2010年9月12日 (日)

CrampCramp

暑かった。叫びすぎて熱中症になったわ。

結果は7対10。勝てるチャンスはめっちゃあった。オフェンスが4回もボール獲られても優位に試合を運べてた。でも、勝負どころでは全部つぶされた。

まぁそれを実力の差。って言うんだけどね。

それにしても、主力選手のほとんどが足を攣る状況は予想しきれなかった。選手達はよく頑張りましたよ。足が攣ってもグランドに戻ってプレイを続けてたしね。またすぐパタパタ倒れて戻ってきたけど。。。

レフリータイムアウト連発による試合中断時間を計算したら10分は越えたかな・・・。サッカーだったらどんだけロスタイムやねん。

フットボールになってなかった。相手チームにも観客にも迷惑かけました。フットボール競技レベルが露呈してしまったことは否めない試合だった。

たらればを言うつもりなし。残り4試合、戦いきれるようにチーム再建です。

頑張るべ。

2010年9月10日 (金)

CD3

追手門学院大学Soldiersの初戦まであと3日と迫った。

初の試みの春シーズン。怪我のリスクを承知で、毎週試合を行い、実戦を増やすことで経験を積ませ、自信をつけさそうと10試合。4月から2ヶ月間ほど続けて連戦を慣行。夏合宿も乗り切ってやってきた。選手単体でもチーム組織力も向上した。強くなった。

「追手門学院大学って2部。部員は30人くらいじゃ厳しいねぇっ」て大学の話をすれば、1部で戦うのに批判的な反応が多いのは事実。悔しいけど、今までの結果からなら何も言えない。でも、所詮はその人の印象だけにしかすぎない。今年のチームのことは知らないわけだしね。

追手門学院大学は創部の歴史は深く、なんと関西では8番目に立ち上がったチームとか。その中で一部に所属していないのは、追手門学院大学だけ・・・。

過去の栄光や、歴史、文句や、強がり言っても、結果が伴わなければ意味がない。ごもっともです。結果がすべての世界ですから。

なら、虚勢張って、強がり言いまくって、常にプラスの言動で、結果を出すよ。

やったるべ。

初戦の大阪産業大学戦は3日後、9月12日(日)11:00~エキスポにて

100830_105917七福神の誰かっぽくない?彼等の本性は別として、見た目がめでたそうだから撮ってみた。

2010年9月 9日 (木)

開幕戦勝利

チームの本拠地での開幕戦は、昨年を遥かに上回る3000人近くの応援にシーガルズサイドは満員御礼。*シーガルズグランドは千葉県新習志野にあるんです。

こうやって地元開催が出来たのも、盛り上がったのも、この日の為に関係者が必死に活動してくれたからこそ。今回は、とくに順天堂大学サッカー部は開幕戦の2週間も前から駅前でチラシ配りなどの活動をしてくれて今回の集客に大きく貢献してくれました。

本当にありがとうございました。

オービック シーガルズHP*今回の試合に向けての活動や試合結果、試合レポートなど書かれています。今回の試合までの経緯を知るのも面白いですよ。ぜひご覧ください。

地元での開催はこの1試合のみ。あとは勝ち進んで、東京ドームでのボウルゲームでまた沢山の応援に来てもらいたい。もちろん他のゲームも来てくださいね。

Bn10090810 スタンドからの応援ボードを持った子供達から元気をもらえたのが嬉しかった。ありがとう。【こちらに試合詳細のってます。

選手は、ただ試合に勝てば良いってわけじゃないね。これだけ沢山の応援をしてくれる人達、サポートしてくれる人達がいるからスポーツは成り立っている。日々、感謝です。

感謝の気持ちを込めて、これからも頑張ります。

これからも応援よろしくお願いします。

2010年9月 7日 (火)

開幕です

オービック シーガルズ地元、千葉での開幕戦。

多くのスタッフやサポーターさんなどの協力の下、選手も一緒にチラシを配って準備をしてきた。

長いフットボール生活でも、ここまで一体となって活動したことってなかったなぁ。

沢山の観客を、自分達のプレイを通じてファンにさせることができるかな。伝え、感じてもらえるかな。

わかってる、自分次第や。新しい気持ちを込めて頑張るよ。

さあ夜の千葉マリンスタジアムを盛り上げよう。

あっ。

ポジション変わったんや。こっちも新たな気持ちで頑張らな。

狩る側は、性格的にもあってるなぁ。

狩ったるべ。